ダナン通信

ダナン通信2019年1月号

ダナンで開催されたベトナム製品の見本市

年末年始は買い物ニーズが高まると言われています。今年も例年通り、買い物の時間を節約するためにダナン商工業局が、高品質なベトナム製品の見本市を主催しました。この見本市は12月12日から17日まで、ダナン市のダナン展示見本市センター(Cam Le 区、Cach Mang Thang Tam 通り)で開催されました。

今回の見本市は450件のブースの出展があり、ダナン市内企業の他、地方の 50 社も参加しました。ベトナム人がベトナム製品を購入して、国内生産を促進することを目的に毎年国内の各地で同様の見本市が開かれています。去年まで前例がなかったのですが、今年は国内企業の他、日本の山梨県の企業も見本市に登場しました。それはブース5件のワイン製造会社や観光会社です。山梨県の特産はもちろん、県内の魅力的な風景や安らかな生活シーンが、ダナンの人々をはじめ、見本市の来客のみなさんに丁寧に紹介されました。

見本市では、工業・農業・工芸業の製品だけではなく、観光業や銀行業などのサービス業界の企業も参加しました。この見本市を通じて、ダナンの人々が他の地方の特産物を手に入れることができますし、さらに出展企業の間の新たな取引が生まれるチャンスになるかもしれません。特に創業直後の中小企業にとっては、この見本市は消費者に自社製品を紹介する貴重なチャンスとなるでしょう。
ベトナムのテト(2019年2月5日)まで、このような見本市があちこちで開催されると思います。一年が終わり、また新しい一年がまもなく来ると実感させられます。

Mai Ngo

写真引用:インターネットより

注:記事の中で「ダナン市の見本市で山梨県の物産が展示」と指摘されていますが、その山梨県のベトナム大使は、ハノイの「スターロータス店」の佐藤栄一さんです。見本市では山梨県の忍者が登場し、日本酒の試飲が好評だったようです。(上田義朗 付記)

関連記事

ページ上部へ戻る