ダナン通信

ダナン通信2019年8月号

ダナン国際花火大会2019

花火大会と言えば、夏ですよね。日本では8月の開催が多いですが、ダナンでは毎年スケジュールが変わりますが、「海の季節」と呼ばれている4月~7月の時期に開催されます。今年は6月 1日から22日にかけて、「川の物語」をテーマにして予選の5日間は、それぞれの参加チームは起源、生命の芽、愛、色、帆走の内容を花火で表現しました。チケットは席の位置によって違いますが、30万ドン~250万ドンです。

毎週土曜日に世界8カ国のチームが予選に参加して、その中から優秀な2つのチームが選ばれて、7月6日に決勝が行われました。8つのチームはベトナムの他、ロシア・ブラジル・ベルギー・フィンランド・イタリア・イギリス・中国です。決勝はフィンランドとイギリスが勝ち残り、フィンランドが優勝しました。

今年は、花火大会の1ヶ月後にバーナヒルズで全国の大学生のフラッシュモブ大会とB’estivalビール祭りが開催されました。国内外の多数の観光客が集まりました。そして、観光客はダナン市内のエキサイティングなカーニバルにも参加できました。

ダナン国際花火大会は 2008 年から行われていますが、毎年テーマだけでなく、スケジュールもイベントも更新されて、新たな魅力を常に感じさせています。国際的な観光都市として、ダナンの魅力は毎年のように増幅されているように思います。それでは来年、2020 年の花火大会はどんなテー
マになるのか、楽しみに待ちましょう!

関連記事

ページ上部へ戻る