ブログ

ダナン通信1月号

フィーバチョコレート、ベトナムの味を世界に!

日本の大学で4年前に出会った日本人の友人がダナンに旅行に来て、彼女に何かダナンのこだわりのあるお土産を贈りたいと思っていて、フェバチョコレートにしました。
この季節はベトナムでも足ががたがたして止まらないほど店外は寒いのですが、お店の中はベトナムの地図やベトナム風のライト、それにチョコのカラフルの包装で暖かい感じがしました。親切で優しい店員さんに対応していただきました。フィーバは英語では「Pheva」ですが、どういう意味かずっと気に入りました。この文字は「h」のアルファベットが付いているので、ベトナム語の名前ではないかと思っていました。店員さんによれば、それはフランス語ではカカオという意味で名付けられたとのことです。

このチョコは2012年から生産されて、2014年にダナンで1号店が開店したそうです。ダナンからハノイ・ホーチミン・ホイアンの店舗が次々に開店。チョコにはまっている私にとって、このお店は極楽みたいなところと言っても言い過ぎないと思います。なぜかというと、ベトナム産のカカオ豆を使って、黒コショウ・白コショウ・ゴマ・ピスタチオ・シナモン・ピーナッツ・オレンジ・ビールなどの18種類のフレーバーがあるからです。その中でダークは10種類(65%カカオ)、ミルクは4種類(36%カカオ)、ホワイトは4種類(40%カカオ)です。カラフルなチョコの箱が棚の上に並んでいて、これは熱帯のベトナムを色で表現したに違いないと気づきました。

店内の様子を見ると、日本人・韓国人・中国人などの観光客がよく寄っています。18 種類の中で、お客が気に入ったものを自分で選ぶことができ、それに箱の色と紙袋の色も選ぶことができます。6個セット、12個セット、 36個セット、40個セットなどがあります。値段は3万ドン~26万ドンで、ちょっと高いですが、おしゃれで美味しい高級感ある観光客向けのお土産だと思います。日本人の観光客が多いということで、日本語で対応できる店員もいるし、商品の情報も日本語で書いてあるし、日本人の方が安心して買い物できるのがメリットです。

フィーバチョコの創立者のフォンさんはベトナムで生まれの女性で、フランスで成長して、フランス人技術者のヴィンセントさんと協力してフィーバチョコを経営しています。店員さんは「ベトナム産の素材とフランスの技術の組み合わせがフィーバチョコの魅力です。もっとコショウや黒コマなどのベトナム独特の味のチョコを世界の人たちに紹介したいと思います。」と誇りをもって述べています。

私は12種類の12個セットにしました。食べてみると苦くて甘くて、人生の味も同じではないかと思わずにいられません。外の寒さを忘れて店内の香りを一気に吸い込んで、チョコを味わいながら故郷の味を世界の人々に楽しんでいただきたいという希望も胸に沸いています。

Mai Ngo

関連記事

ページ上部へ戻る