活動報告

2019年5月 活動報告

▼ 2019年 5月 活動報告 -理事長 森正暁 -

すでに桜も散り、今月は初夏を感じさせる日もある季節となりました。また、5月1日に新天皇が即位され新元号「令和」の時代が始まり、ゴールデンウィークは10連休となりました。会員の皆様には、健やかにお過ごしのことと存じます。
さて、ベトナム統計総局は3月28日、2019年第1四半期の実質GDP成長率を前年同期比6.8%と発表しました。第1四半期としては、前年の7.4%を下回るものの、2009年以降で2番目に高い成長率となっています。業種別では、農林水産業が2.7%(前年同期比1.4ポイント減)、鉱工業・建設業が8.6%(1.1ポイント減)、サービス業が6.5%(0.2ポイント減)となりました。(表参照)。

2019年第1四半期のGDP成長率が前年同期を下回った要因は、世界貿易が好調であった昨年に比べ、今年は米中貿易摩擦や国際的な消費の減速によって世界の貿易が落ち込んでいることと分析さます。そのため、ベトナムの主力輸出品であるサムスン関連の携帯電話や同部品の輸出が減速しました。加えて、国内ではアフリカ豚コレラ感染や鉱産物の採掘減などの影響もありました。
一方、第2四半期以降は製造業でさらなる成長が見込めると想定されます。引き続き、ベトナム経済のさらなる拡大を期待したいと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る