ダナン通信

ダナン通信2018年3月号

ダナン花通り、良い一年を!

日本と違って、現在ベトナムは旧暦のお正月を迎える習慣を継続しています。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、お正月はベトナム語で「Tết」(読み方は「テト」)です。テトの数日前から道路やスーパーマーケットが混み始め、いろいろな行事が行われます。ベトナム全土に春の匂いがする雰囲気が漂います。その中で、ダナンの人々が一番楽しみにするのは、花通りの飾り付けです。この行事はハノイとホーチミンでも実施されるそうですが、ダナンではハン川に沿ったバック・ダング通りの整備された花壇が、ハン川の風景を明るく活性化します。

春の暖かい陽気、川からの心地よい風に触れながら、人々の明るい顔を見れば、また今年も良い一年を過ごせるという希望がわいてきます。家族、カップル、友達、同僚たちがにこにこしておしゃべりしたり、写真を撮ったりする風景が見受けられます。

特にテトの間、ベトナムの伝統的なアオイ・ザイを着ている女性も男性もよく見かけます。ベトナム人は、赤と黄色は縁起が良い色だと考えているので、赤い花と黄色い花がよく飾られます。

そういう意味で花通りはお正月の飾りだけでなく、そこに親しい人々が集まって、お互いにテトお祝いをする開放された共有空間だと考えられます。
最近、経済発展と共に、外国人も増加していますから、アオイ・ザイを着ている外国人もよく見られます。この花通りを通じて、ベトナムの文化を世界の友達に紹介したり、異文化交流の舞台にしたりすることもできます。

皆様、是非一度テトをベトナムでお過ごしてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る