Uncategorized

2015年11月の経済交流ニュース

▼ 2015年11月の経済交流ニュース

★ベトナム政界の動き
01.第10回ベトナム国会開く
02.年初から9月15日までの歳入額は当初目標の70.3%に達する
03.国家銀行、ドル建て定期預金の金利引き下げ
04.「国際競争力報告書」2015-2016年版、ベトナムは68位から56位に前進
05.9月の外国人訪問者数は前年同月比8.3%増
06.年初9ヵ月間の海外派遣労働者数は通年の目標を上回る
07.ベトナムでも高齢化は着実に進んでいる
08.5日から外貨販売の管理を強化
09.ベトナムの公的債務残高は対GDP比46%で、国民1人当たり1、016ドル
10.ロンタイン国際空港建設案件の土地収用と立ち退き補償額は13.1兆ドン
11.歳入不足は63兆ドンの見込みで、国会に海外での国債発行を求める
12.財務省はビザ発給手数料を大幅に引き下げ
★生産・流通・投資
01.年初9ヶ月間の貿易赤字は40.3億ドル
02.FDI認可額は大幅に増えている
03.10月1日からハノイ市の生活用水道料金は平均20%値上げされる
04.年初9ヵ月の新設企業数は前年同期比28.5%増の6万8,347社
05.9月の物価指数も前月比低下
06.第4四半期のコメ輸出は改善される
07.ホーチミン市のホテルの平均宿泊料は3四半期連続で下落する
08.10月1日にガス価格は値上がりに転じる
09.今週の銀行のドルの対ドンレートは大きく下落
10.ベトナムはインドネシア向けのコメ100万トンを落札
11.不動産産業は回復が顕著に
12.19日15時からA92ガソリンの小売価格を1ℓ当たり136ドン値下げ
★日本関係ニュース
01.サッポロベトナム合弁会社が100%外資会社となる
02.日本の電源開発はベトナム中部に火力発電所の建設を計画
03.日系企業3社はホーチミン市で不動産開発に投資を行う

 

関連記事

ページ上部へ戻る