日本ベトナム経済交流ニュースヘッドライン

2018年12月の経済交流ニュース

★政治関連
・ パプアで開催のAPEC、フック首相が出席へ
・ 国会が閉幕、新国家主席選出やTPP11批准、法律9本可決
・ 北朝鮮外相がベトナム訪問へ、11月29日から
・ 改正汚職防止法が可決、全公務員に資産報告を義務付け

★経済関連
・ 19年のGDP成長率目標+6.6~6.8%、国会が計画案を可決
・ 19年国家予算配分案が通過、中央政府の歳出は1000兆VND
・ 1-11月期のFDI認可額、前年同期比▲6.8%減―日本が1位維持
・ ビンファスト、自動車3種の販売価格を発表―200万円台から

★日本関係
・ 日本の製造業の有望事業展開先、ベトナムは4位に後退
・ 日系2社、ホイアンの下水処理施設が完成―日本のODA案件
・ カントー:日系企業向け工業団地が竣工
・ 日系設計事務所が参加の更生施設プロジェクト 国際的な福祉雑誌で大賞受賞

★社会・文化・スポーツ
・ 台風29号がホーチミン直撃、40年ぶり記録的豪雨
・ ホーチミンの人口870万人、転入増加で社会増加率高まる
・ ハノイ市教育訓練局、日本への留学で市内高校に注意喚起

関連記事

ページ上部へ戻る