活動報告

2017年9月 活動報告

▼ 2017年 9月 活動報告 -理事長 森正暁 -

9月に入り、朝夕は多少暑さも和らぐ時期となりました。会員の皆様方は、お元気にご活躍のことと思います。

さて、9月2日は1945年にベトナム民主共和国の初代国家主席であるホー・チ・ミン氏によって独立宣言が行われた日です。在大阪ベトナム総領事館も帝国ホテル大阪において建国記念レセプションを開催、私と専務理事、会員であるJR西労組の幹部らが参加してお祝いしました。

1945年9月2日は、日本政府がポツダム宣言に調印した日でもあります。そして、ホー・チ・ミン氏が読み上げた独立宣言は、アメリカ独立宣言やフランス人権宣言を引用しながら、世界に向けてベトナムが自由で独立した国となったことを宣言したものです。独立宣言に至る過酷な道のりを述べた宣言文の中には、残念ながら、「日本のファシストがインドシナを侵略」 「フランスは私たちを保護するどころか、5年の間に2回も私たちの国を日本に売った」 「私たち民族は、フランスの手からではなく日本の手からベトナムを取り戻した」など、厳しく指弾される形で「日本」がたびたび登場しています。
ベトナム独立宣言から72年、日本・ベトナムの国交樹立から44年となりますが、こうした歴史を振り返りますと、今日の両国の親密な友好関係、信頼関係を大切にし、いっそう発展させていくために、私たちはこの機会に当時の独立宣言の内容をあらためて認識しておくことが必要だと思います。

私たちは、現在、ベトナムから日本に寄せられる大きな期待や親近感に応えられるよう、経済や文化の交流を通して、さらに友好、連帯を深めていきたいと思います。会員各位には、当センターの活動に対し、引き続きのご協力をいただきますようお願い申し上げます。

関連記事

ページ上部へ戻る