ダナン通信

ダナン通信2017年6月号

歓迎:ダナン国際花火大会

ダナン国際花火大会(「Danang International Fireworks Festival」略称「DIFF」)は、ダナンで開催される国際的な文化・観光イベントで、東南アジアで最大の国際花火大会です。この花火大会は2008年から毎年開始され、2013年から2年ごとに開催されます。2008年から2015年まではダナン市が主催者で、土日の2日間のみで終了しましたが、2017年から Sun Group という企業が主催者になり、2017年は、4月30日(日)、5月20日(土)、5月27日(土)、6月 3日(土)、6月24日(土)の計5日間で開催されています。2015年の来場者数は、地元の方や観光客全て含め46万人でした。2017年のダナン国際花火大会は、事前からの期待が大きく、200万人の観光客誘致を目指しているとのことです。
ダナン国際花火大会の特徴は、各国を代表する盛大な花火が約30分にわたり花火のテーマとなる演奏と共に打ち上げられ、その技術などを競い合う花火大会です。毎年、それぞれのテーマが決められます。今年のテーマは「五行山の輝き」とういうテーマで、「火星・土星・金星・水星・木星」の5つのプログラムに分けられます。ちなみに、ダナンにある五行山は、以前ご紹介しましたように、「金山・木山・水山・陽火山と陰火山・土山」の五つの山からなる連山で「パワースポット」としてダナンの観光地になっています。
大会の計5日間で1日計2チームの花火が打ち上げられます。前半1チームの花火終了後、10分程空けてから後半1チームの花火が始まります。今年はイギリス・オーストラリア・オーストリア・スイス・日本・中国・イタリア・ベトナムの8ヶ国チームが参加します。また、花火大会に加え、フードフェスティバルやシェフコンテスト、彫刻コンテスト、ビールフ ェスティバルなどの様々なイベントも行われます。

開催の中心的な場所は、Novotel Danang Premier Han River ホテルのハン川を挟んだ向い側となっており、そこに観客席が設けられます。この観客席工事はベトナムでもっとも規模の大きい組み立て工事として記録されました。イベント会場の入場には、前売りの有料チケットが必要ですので、事前にチケットをご購入ください。
6月24日まで十分に時間があります。ベトナムの夏の思い出のためにぜひダナンの花火鑑賞をご検討されては如何でしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る