Uncategorized

2013年 7月 活動報告

▼ 2013年 7月 活動報告 -理事長 森正暁 -

 

 今年の6月は空梅雨かと思っていたところ、下旬に至って低気圧が活動し、
激しい雨の降りように驚かされました。しかしもう本格的な夏の到来です。会員の皆様にも暑中見舞いを差し上げる時節になりました。

 ベトナムでは6月21日に第5回国会が終わり、これがチュオン・タン・サン国家主席の訪中と重なったため、なにかバタバタした感じの閉幕になりました。今度の国会は前国会の決議に基づく国家の最高幹部に対する信任投票とその開票結果が公開されたので、よけいに国会論議が霞んでしまったような気がしますが、不況打開の論戦はなかなか激しかったそうです。それでも統計数値の中から、工業生産指数の回復などジリジリと景気回復に向かって努力を重ねるベトナムの人々の姿がうかがえます。

 国会代表の最高幹部に対する信任投票の結果も公開されましたが、どうも私の個人的印象では、最も複雑で困難な部門を担当している幹部が、なかなか簡単に成果が上がらず、その影響が信任の度合いにも及んだのではないかという気がします。岡目八目を承知で申し上げているわけですが、・・・。先に申し上げたように、その衝に当たっている人たちの努力は少しずつではあれ成果を挙げていると言いたいところです

 さて、今年度の経済成長目標の達成を目指して、中央でも地方でも諸外国にまで貿易拡大や投資誘致の努力が払われています。その一つとして、6月中旬に中部ビンディン省から50名近い投資誘致ミッションが大阪を訪れ、
当経済交流センターもそのお世話の一翼を担いました。ビンディン省と言えば、港湾都市クイニョンを中心に工業化の進展に力を集中している省の一つです。私や上田副委員長、織田専務理事は感謝のパーティーに招かれ、団長のロック人民委員会委員長からは、一行のお世話に対して感謝の贈り物までいただきました。今度の訪日が成果を挙げることを祈りたいと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る