Uncategorized

2011年10月の経済交流ニュースヘッドライン

▼ 2011年10月の経済交流ニュース

★ベトナム政界の動き
01.新任期初の閣議開く
02.領海問題の交渉迅速化で合意
03.7月末時点で全国の労働者数は4920万人
04.国家銀行、外貨預金準備率をさらに1%引き上げ
05.最低月例賃金 140万~200万ドン上昇
06.低賃金でホーチミン市のストライキ件数が激増
07.今年の経済成長率目標6%は達成可能である
08.トウ ティエムトンネル開通して 走行テスト
09.ベトナム電力公社が9月に電気料金の値上げを要請
10.国家銀行、今年の貸出残高の成長率を15~18%に抑える
11.交通運輸省は2020年までの4つの港湾群建設計画を承認
★生産・流通・投資
01.年初8ヵ月の農林水産品の輸出額は164億ドルに達した
02.ベッソペトロ社は原油の年間採掘量700万トンを目標に
03.8月にベトナムを訪問した外国人客数は49万人:
04.年初8ヵ月の縫製品輸出額は約90億ドルに達する
05.計画投資省の予測、今年の輸入超過額は120億ドル
06.今年のコメ輸出量は約700万トンに達する見込みである
07.2017年からベトナムの自動車に排ガス基準ユーロ4」を適用
08.鉱産資源の探査・採掘許可証発給を一時停止
09.BIDV銀行が今年の末に新規株式公開(IPO)を行う予定
10.外国人訪問客数 増加
11.不透明な年末までの物価の動き
★日本関係ニュース
01.原子力開発協力交渉再開
02.王子製紙3番目の段ボール工場建設
03.10月末にベトナムで組み立てられる「Mazda2」が登場
04.日本企業がベトナムで配合飼料工場の建設に20億円を投資
05.約50社の中小企業がJICAの支援を受ける
★当センター副理事長・上田義朗・流科大教授が語る 「メコン川流域国の発展戦略」
第27回 ベトナムに仕掛けられた3つの罠(2・完)

関連記事

ページ上部へ戻る