Uncategorized

2011年 9月 活動報告

▼ 2011年 9月 活動報告 -理事長 森正暁 -

 

 今年の8月は厳しいひと月でした。下旬にはやや暑さも和らぎましたが、ピーク時は各地で最高気温を更新。暑さに加えて電力不足、海外からの影響で猛烈な円高と、あまり愉快でない情報が相次ぎました。会員の皆様の関係企業は如何でしたでしょうか。

 

 ベトナムでは7月末に国会議長、国家主席、首相と、国家首脳部の国会選出が終わり、8月の始めには新しい政府閣僚が国会の承認を受けました。これで新任期2011―2016年の陣容が固まり、厳しい情勢に立ち向かうことになります。上半期の経済情勢の厳しさから見て、年末までの国内政治の舵取りが注目されますが、5年間の任期を見据えた施政方針が秋の国会で示されると思います。月初めの国会閉幕以来、あまり大きなニュースは伝えられていません。しかし、物価の急騰は抑えられ、輸出は大いに好調なようで、経済成長はこれから本腰というところでしょうか。

 

 海外からベトナムの国内情勢を見て、やはり安定した投資環境に魅力を感じるのか、外国からの直接投資も回復しているようです。当経済交流センターにも、このところベトナム進出の相談が急速に増えてきました。高速鉄道の事故以来、中国の高度成長に疑念が生まれ、安定した政治情勢を示すベトナムに再度関心を強めているというのが相談に来る方々の意見です。

 ベトナム側でもこの傾向をいち早くとらえているのか。9月になって投資セミナー開催の意欲を示す連絡が続いています。2日には日本ベトナム友好協会との共催で当センターも総領事館の経済セミナーに肩入れし、中旬にはホーチミン市輸出加工区・工業団地管理委員会のセミナー開催のお世話をする予定でおります。

 9月2日はベトナムの建国記念日。今年は現地では種々祝賀の催しを予定しているようです。大阪でも祝賀パーティーの応援を考えています。

関連記事

ページ上部へ戻る