Uncategorized

2011年 8月 活動報告

▼ 2011年 8月 活動報告 -理事長 森正暁 -

 

 台風6号の余波で稀に涼しい日もありましたが、圧倒的に真夏日が続きました。会員の皆様のご健康が案じられます。お盆も間近で、早く初秋の気配が感じられるようになってほしいものです。

 

 さて、ベトナムでは7月下旬の国会で、新しい指導部が選出されました。国会議長にはグエン・シン・フン現副首相、国家主席にはチュオン・タン・サン政治局員。首相はグエン・タン・ズン氏が続投することになりました。

 選出・承認は月を越えて動き、政府閣僚の顔ぶれが決まるのは8月3日になります。これまで第一副首相だったグエン・シン・フン氏が国会議長になったことから、相当数の新任閣僚が生まれるのでしょう。問題は今年下半期の施政方針です。

 シン副首相は国会開幕当日、上半期の政治・経済情勢の動きについて政府を代表して報告しましたが、経済困難がどうにかヤマを越えたと見られるもののまだ困難試練は大きく、半年間のGDP成長率も目標をかなり下回って5.57%にとどまりました。消費者物価指数も二桁を割ることは難しいとみられます。

 いずれにせよ、下半期には国を挙げて経済困難突破の努力が強まると考えられます。提携先の商工会議所関係などから当センターに協力依頼が続くことも予想されます。もとよりベトナム側の困難突破努力に貢献するのは当センターの本来の役割であります。我々としても思い切った努力を傾けたいと思います。 同時に懸念されるのは南シナ海をめぐる不穏な情勢です。アセアン外相会議や地域フォーラムで問題の平和解決が模索されており、その成功を切に祈りますが、当センターの業務にも関連することだけに、このニュースを通じてできるだけ現地の状況を詳しくご紹介して行きたいと考えております。

関連記事

ページ上部へ戻る