Uncategorized

MLMというアルバイト

 

▼ MLMというアルバイト

 ベトナムで、大学生たちに「どんなアルバイトをしている?」という質問をしたら、多くは「マルチ参加者」と回答しているそうです。なぜかというと、近年マルチ・レベル・マーケティング(MLM)※注 が拡大しているからです。

 

 しかし今これがちょっとした社会問題になっています。アクティブな大学生のような人材は企業にとっても有利なので、多くの大学生が採用されます。彼らはアルバイトとして働き始め、このMLMを通じてビジネスの経験を積もうとしています。また、大金を稼げる機会だと信じている彼らにとって、MLMの収入はほかのアルバイトより高く、バイクやパソコンのような高額商品を買えるとされています。さらに、多くの参加者を誘えば誘うほど収入が高くなるシステムというのは魅力的です。そのため、自らすすんでマルチ参加者になる大学生も多いようです。高い参加費を求められる場合でも、大学生は友達に借金してまで、MLMシステムに参加します。

 

 しかし、多くの記事によると、騙される大学生も多くなっているということです。大学生はセールス活動のために、勉強を疎かにしたり、会社の要求に応えるために、友達や親族にも勧誘したりしました。しかし、参加費を徴収するだけで、急に消えて行く会社もありました。これでは親族を騙したような行動だと思われても仕方ありません。

ベトナムでのMLM活動は未成熟な部分が多いようです。大学生たちがお金持ちになるという夢を持つのはいいですが、MLMは適切な手段ではなく、さらに悪用されやすいので注意をしなければなりません。

 

※MLM
日本ではネットワークビジネスや連鎖販売取引と言われ、ディストリビューターと言われる販売員が口コミを通じて、化粧品、健康食品、健康器具などの商品を販売する商法。全てではないが、一部に商品価格と価値に乖離がある場合も多く、日本でも詐欺商法などとして問題にもなっている。

関連記事

ページ上部へ戻る