Uncategorized

2015年9月の経済交流ニュース

▼ 2015年9月の経済交流ニュース

★ベトナム政界の動き
01.7月度定例閣議開く
02.ベトナムとEUのFTA交渉が実質的に妥結
03.2016年度の最低賃金の引き上げ交渉が難航
04.8月4日15時からガソリン小売価格を1リットル当たり820ドン値下げ
05.年初から6月15日までの財政赤字額は95兆ドン
06.国家銀行総裁、7月末時点で外貨準備高は370億ドル、金準備高は10トン
07.ロシアに発注した4隻目の潜水艦がカムライン軍港に到着
08.7月の鉱工業指数は前年同月比牡3%上昇、在庫指数は10.3%上昇
09.2015年年初7ヶ月の外国人訪問者数は前年同期比9.4%減
10.国家銀行、8月12日からドン対ドルレートの変動幅を±2%へ拡大
11.国家銀行8月19日、ドンを対ドルでさらに1%切り下げ一変動幅も±3%へ拡大
12.北部の大雨と洪水による死亡者数は28人行方不明者数は3人
13.10月1日より、入国時に1,000万ドン以下の持込み品は免税となる
14.国庫出資の公共住宅起工
★生産・流通・投資
01.年初7ヶ月の貿易赤字は35.3億ドル、対中貿易赤字は193.3億ドル
02.年初7ヶ月のFDI認可総額は前年同期比7.6%減、FDI実行額は8.8%増
03.世界の貿易成長が低い中でベトナムの貿易額は順調に増加
04.上半期の自動車輸入台数は前年同期比115.4%の急増
05.投資額4.5億ドルのホアラックハイテクパーク・インフラ建設案件を着工
06.2015年上半期の求人数増加率は直近3年で最高値となる
07.第2四半期にホーチミン市のオフィス入居率は過去7年で最高となる
08.上半期に輸出額が10億ドルを超えた12品目のうち、4品目は50億ドル
09.7月のCPI上昇率は前年末比では0.68%と過去13年で最低を記録
10.ベトナム航空は初めてエアバス新型機「A350 XWB」を受領
★日本関係ニュース
01.ビンズオン省,日本企業からの直接投資誘致額は48.6億ドルに
02.日本を訪ねるベトナム人観光客数は大幅に増加している
03.vina Kyoei社の年産能力50万トンの増設した製鉄所が操業を開始
04.多くの日本企業は中国、タイの代替にベトナムを考慮
05.ハナム省、日本企業がベトナムでジャポニカ米の栽培に関心を寄せる
06.8月から日本の最高級の飛騨牛がベトナムでも売られる
07.日本企業はドンタップ省で日本品種のマンゴー栽培を検討

 

関連記事

ページ上部へ戻る