Uncategorized

2015年 9月 活動報告

▼ 2015年 9月 活動報告 -理事長 森正暁 -

 

9月に入ると、さすがに厳しかった残暑も朝夕に衰えを見せ、秋の気配が次第に広がっているようです。今年の暑さは日本だけでなく、世界中が悩まされるほどだったと言いますが、どうやら峠を越したのでしょうか。

 

暑さの激しさはべトナムも同様で、これが上半期の実績にも影響しました。
上半6か月の実績の内容は、引き続く高度成長の勢いを維持し、これがそのまま続けば今年の成長目標にも到達という目出度い話だったのですが、今弱いところは気候不順で北部、中部の農業生産が伸び悩んでいること,それにつられて輸出も伸びが今一歩ということにあります。

 

ベトナム政府は輸出振興のために、国内通貨ドンの切り下げを断行しましたが、その他にも下半期には輸出を伸ばし、不必要な商品の輸入を制限するなどの強行手段も辞さないという構えです。EUとの自由貿易協定の交渉はどうやら妥結に至ったようで、これがEU各国への輸出増大に結びつくかどうか。また、アジア諸国、特に日本にはベトナム側の期待を受け止めてほしいという要望が強まるものとみられます。

 

さて、当センターの動きですが、堺のベトナム総領事館から8月12日に
ビン総領事の招待による夕食会が行われ、森理事長、JR西労組の委員長、書記長、織田専務理事がこれに出席しました。会の趣旨は、当方の協力への感謝と今後の協力強化確認と言ったところですが、それでなくても現在の状況での協力強化を考えているところでもあり、大いにその実を上げたいと決心しています。

 

ところで、上田副理事長から連絡があり、ベトナム現地でも8月18日、共同製作映画「ベトナムの風に吹かれて」の試写会があり、多数のマスコミ取材で大成功だったとのことです。NHKではすでにニュースで伝えられたようですが、朝日、日経、時事通信なども取材と鑑賞をかねての出席がありました。一般封切を前に、皆さんの協力をお願いしておきます。

関連記事

ページ上部へ戻る