Uncategorized

2014年 4月 活動報告

▼ 2014年 4月 活動報告 -理事長 森正暁 -

僅かな日数のうちにすっかり春景色になりました。お花見を終えたところも多いようです。そして間もなく、青葉の季節に入ります。

春の訪れとともに、当経済交流センターの年次総会の時節となりました。3月31日、例年のように堺のベトナム総領事館で開催された総会には、レ・クオック・ティン総領事も出席され、ベトナム現地の経済情勢について講演してもらいました。総会の詳しい模様は来月号で紹介しますが、来年度も一層センターの活動が活発化するよう、会員の皆様のご協力をお願いします。

さてベトナム現地では、3月は外交の月と思えるほど各指導者の外交活動が盛んでした。中でも、チュオン・タン・サン国家主席夫妻の来日は国賓としての正式訪問で、主席夫妻は東京で天皇皇后両陛下と会見され、安倍首相との会談、共同声明の発表などの日程を終えて、3月19日には関西を訪れました。サン主席は大阪でのビジネスフォーラムで講演し、その後、ベトナム総領事館で関西在住のベトナム人と懇談。この席上、当センターのスタッフ 佐藤トゥイ・ウエンさんが関西在住者を代表して歓迎のあいさつをしました。主席一行はこれで全ての日程を終えて関西空港から帰国の途に就きました。

当経済交流センターでは、いつもビジネス関係のお客が多いのですが、3月は珍しいお客を迎えました。奈良の春日大社宮司を勤める花山院弘匡さんの一行です。4月にはご存じのフエ・フェスティバルが行われますが、昔のベトナムの雅楽“林邑楽”を伝える春日大社もこのフェスティバルに参加出演されるとのことで、ベトナム総領事に挨拶したいと来阪されたわけです。織田専務理事の紹介でティン総領事と挨拶を交わし、奈良県知事の親書も持参することを伝えました。今年のフエ・フェスティバルは「文化遺産の発展と参入」というテーマで、31か国の40芸術団体から参加申し込みがあるそうです。我が交流センターもお役に立てるといいですね。

 

関連記事

ページ上部へ戻る