Uncategorized

2012年 2月の経済交流ニュースヘッドライン

▼ 2012年 2月の経済交流ニュース

★ベトナム政界の動き
01.2011年のGDP成長率は5.89%
02.政府 マクロ経済安定を優先
03.2012年の対ベトナ支援約定額は74億ドル
04.政府は来年も緊縮財政と金融引き締め策を堅持
05.世銀は今後5年間に42億ドルを融資
06.ベトナム政府 貧困層支援政策を継続
07.テト明けまで電気料金を据え置く
08.個人車両に対する通行料の徴収を提案
09.首相、商工省に輸入管理の強化と入超の縮小を求める
10.大事故なければ、2012年に電力不足は発生せず
11.2011年のストライキ件数は前年比で2倍増となった
12.列車の走行速度を90km/hに引き上げるためには18億ドルが必要
★生産・流通・投資
01.国有企業の赤字あきらかに
02.自由市場のドル相場が引き続き上昇
03.ベトナムの生産コストは周辺諸国より高水準
04.ベトナム国家銀行総裁 銀行再編に言及
05.ホーチミン市で地価改訂
06.自動車 輸入総額で首位 10億ドルに
07.年率21%の金利でドン建て定期預金獲得狙う銀行も
08.2012年のベトナムは魅力的な観光旅行先
09.ベトナムは観光赤宇の危機に
10.価格移転操作の企業社名を公開へ
11.ホーチミン市、不動産の賃貸料は引き続き下落
12.EVN社は今年の電力開発のために30億ドルを借り入れる
13.12月の全国のCPIは前月比0.52%上昇
★日本関係ニュース
01.日本のFDI案件は1623件
02.ホンダ・ベトナム 3箇所目の工場建設
03.日本のブリヂストンはハイフオン市に工場を建設
04.神戸ビーフは処分の対象?

関連記事

ページ上部へ戻る