Uncategorized

2008年2月の経済交流ニュースヘッドライン

▼ 2008年2月の経済交流ニュース

★ベトナム政界の動き
01.年度末最終の閣議開く
02.鳥インフルエンザで4歳男児死亡
03.訓練で熟練労働アップを目指す
04.ホーチミン市、賞写支給を呼びかけ
05.個人車両利用者の負担増で交通渋滞解決
06.全長6000キロの高速道路網建設計画を提出
07.2020年までの国家エネルギー開発戦略を承認
08.送電線建設でラオス、カンボジアと協力協定
09.フーミー橋接続道路、建設はじまる
10.ハノイの駐在員事務所562ヵ所を閉鎖
11.カンとー橋崩落事故、結論でないまま工事再開へ
12.ホーチミン・トゥーティエム橋が開通
13.重油抽出でエビ養殖場1700ヘクタールに被害
14.新駐越大使に坂場氏、17日付で発令

★生産・流通・投資
01.2008年の輸出額、586億ドルが目標
02.ベトナム航空グループ、エアバス30機購入の契約
03.12月の消費者物価指数は異常な上昇
04.貿易赤字、過去最高の124億ドルに
05.2007年の小売売上高、前年比23%増
06.外国車輪入、1ヶ月間に5000台も
07.鉄道公団、運輸サービスの民間委託を拡大へ
08.2010年までのFDI額、毎年200億ドルと予測
09.2007年の農林水産品輸出額は125億ドル
10.国立銀行、株式銀行5行の設立を承認
11.ADB、教育発展、財政部門改革に2億ドル借款供与
12.株安がIPOを直撃、延期や中止相次ぐ
13.予想を越えた12月の物価高

★日本関係ニュース
01.川崎重工業、バイクのショールームを開設
02.ATM設置台数、ベトナムは100万人に46台
03.日本での観光プロモーション強化を提言
04.通貨協定締結へ、額賀財務相と越首相が大筋合意
05.ベトナムの対日輸出、総額の20%
06.出光興産、南部沖で源油商業生産に着手

★2007年の十大経済ニュース

★当センター副理事長・上田義朗・流科大教授が語る     「元気な国のゲンキな話」
第44回 ベトナム株式市場の展望:ロータス社の見解

関連記事

ページ上部へ戻る