日本ベトナム経済交流ニュースヘッドライン

2019年12月の経済交流ニュース

★政治関連
・ 2020年国家予算案が国会通過、財政赤字はGDPの3.44%
・ 公務員の最低賃金、来年7月から+7%の160万VNDに引き上げが決定
・ 越中首相が会談、南シナ海での越の経済活動尊重を要求
・ ロンタイン空港案件、利益集団の支配排除が必要―国会で議論
・ 11月施行の新規定、「わいせつ行為」の定義など

★経済関連
・ 2020年の最低賃金引き上げ、都市部は+5.7%の442万VND
・ ベトナムの全国人口、30年に1.04億人へ―平均寿命は75歳
・ 不動産市場の発展見通し、ホーチミンはアジア太平洋地域で1位

★日本関係
・ 日本旅行も不買の韓国でVND両替が4割増、ベトナムへ旅行先変更で
・ 日本のベトナム人不法残留者数が過去最高を更新、国籍別トップに
・ 1-10月期の訪日ベトナム人42.3万人、前年同期比+27.8%増上位国で伸び率最高
・ ユニクロのベトナム1号店、ホーチミン1区のドンコイ通りに出店へ
・ マツキヨ、地場と合弁会社を設立へ―ベトナムにドラッグストア出店

★社会・文化・スポーツ
・ ダラットフラワーフェスティバル2019」、12月20日開幕
・ 模倣品はびこるベンタイン市場とサイゴンスクエア当局が手入れも状況変わらず

関連記事

ページ上部へ戻る