Uncategorized

2014年 11月 活動報告

▼ 2014年 11月 活動報告 -理事長 森正暁 -

 関西地方では10月中旬から下旬にかけて、申し分のない秋晴れの数日間に恵まれ、この好季節を利用して自然を満喫された方も多かったと思います。
11月も同様に自然の恵みにあずかれると良いのですが、そうはいきますかどうですか。

 ベトナム現地も例年なら台風シーズンですが、今年は大きな災害を招くようなことは少なく、農業国ベトナムにとっては有難いことです。

 さて、10月20日から第13期第8回国会が開かれました。この国会から新たに完成した議事堂庁舎が使われ、地上5階地下2階。本会議ホールのほか大小80室が設けられて、長年不自由をかこった庁舎の悩みから解放されたことになります。20日には恒例の政府報告がグエン・タン・ズン首相から発表され、今年度の経済成長が目標通り実現する見通しと共に、来年度の計画目標として6.2%の成長率が提起されました。約1か月間にわたる会期の中で、どんな討論が展開されるのか。注目に値します。

 まだ本格的な景気回復が遅れていること、世界的にも決して経済情勢がよくないことを挙げて、成長目標の高さを心配する声も耳にしましたが、何しろ2015年は現行5か年計画の最終年度に当たり、次の5か年計画では近代的な工業国の仲間入りをする公約を実現しなければなりません。

 思えばこれから先の数年間がベトナムにとっては大変重い課題を背負っての年月になると見られます。勿論明るい展望を持っての努力の期間であるわけで、国民の力もフルに発揮されると見られます。

 そんな時に日本の経済協力にかけられるベトナム側の期待は大きいものがあるでしょう。来年は当日本ベトナム経済交流センターも重要な年の経済協力強化に向けて、スタッフ挙げての力を発揮すべき年になりそうです。

 今年中にも訪日の計画が、当センターに届いています。ここはひとつ、設立の趣旨を踏まえての頑張りを発揮しようではありませんか。

関連記事

ページ上部へ戻る