Uncategorized

2012年12月の経済交流ニュースヘッドライン

▼ 2012年12月の経済交流ニュース

★ベトナム政界の動き
01.ベトナム国会課題を残しつつ閉幕
02.国会会期中に10月度閣議
03.9月30日時点で税金の滞納額は20兆ドンに上る
04.9月の鉱工業全体の雇用指数は鈍化
05.2013年に企業の最低賃金は必ずスケジュール通りに引き上げられる
06.ベトナムの外貨準備高は輸入額の11週間分に
07.今年6月分の付加価値税はさらに3ヶ月間納付期限延長
08.4兆ドンに相当する政府保証債の発行が失敗
09.フエ市、滑走路修理工事でフーバイ空港は8ヶ月間閉鎖する予定
10.10月の閣僚会議後の記者会見
11.年初10ヵ月の税関機関の税収額は前年同期比12%減
12.南米への市場拡大努力実る
13.中国旅券に南シナ海地図を印刷
★生産・流通・投資
01.10月の輸入超過額は5億ドル
02.年初10ヶ月のFDI誘致額は前年同期比24.7%減
03.輸VFAはコメ輸出価格の下限を設定
04.9月30日時点でベトナムはコメ輸出量で世界トップに
05.自動車の輸入台数は回復の兆しを見せる
06.コーヒー豆の買い取り価格は大幅下落
07.年初10ヵ月のベトナムを訪問した外国人客数は前年同期比11.2%増
08.メーカーの稼働率引き下げで製品の在庫指数は低下
09.縫製企業の2割はすでに2013年の注文を受けている
10.10月の全国のCPは前月比で0.85%上昇
★日本関係ニュース
01.ビンズオン省はエコシティ開発プロジェクトの有望な候補地
02.東急側はマンシオン建設着手を発表
03.日本電産グループがベンチエ省への投資を行う
04.日本がベトナムの水産会社14社に警告
05.年初10ヵ月、ベトナムのFDI誘致額に占める日本の投資額は47%
06.年初9ヶ月の日本向けプラスチック製品の輸出額は前年同期比22.7%増

関連記事

ページ上部へ戻る