Uncategorized

2012年 4月の経済交流ニュースヘッドライン

▼ 2012年 4月の経済交流ニュース

★ベトナム政界の動き
01.2月度定例閣議開く
02.国家銀行が主要金利引き下げ
03.ロシア専門家 ベトナム原発は福島より安全と語る
04.ホーチミン市、失業登録数が増加
05.首相 ハイテク工業団地に基準厳守を要請
06.不動産業の不良債権はまだコントロール可能な範囲内にある
07.液化石油ガス(LPG)輸入関税引き下げの検討求める
08.メコンデルタは今年乾季に海水侵入の恐れ
09.今年は企業7742社に対して納税状況の検査を行う
10.政府 インフラ整備にODA活用を最優先
11.国有企業リストラ進む
12.政府、株式市場の支援策検討を指示
13.保全林の回復管理に1億2300万ドルを投資
14.外国NPOの活動管理規定を公表
15.2013年にホーチミン、ハノイ証券取引所が合併ヘ
16.首相、2011~2015年までの銀行再編計画を承認
17.外貨準備高は1年で5割増し
★生産・流通・投資
01.2月度輸出入の実績
02.EVN社、今年の電力購入量は全体の約50%を占める
03.外国直接投資は大きく落ち込む
04.各船会社がー斉に海上運賃を値上げ
05.ベトナム産米輸出でインド産米と厳しい競争に
06.多くの商業銀行が利下げを実施
07.2月の自動車輸入額は前月比で再び増加
08.ベトナム初の投資額45億ドルの石油化学コンビナート建設案件
09.2月の消費者物価指数は前月を上回る
★日本関係ニュース
01.経団連ミッション活発に動く
02.日本の対越投資額首位に立つ
03.日本の高島屋、ベトナムに出店へ
04.東ガス、ベトナムガス会社と包括協力協定
05.豊田通商、ベトナムの冷凍野菜製造に参入

関連記事

ページ上部へ戻る