Uncategorized

2009年2月の経済交流ニュースヘッドライン

▼ 2009年2月の経済交流ニュース

★ベトナム政界の動き
01.2008年経済成長実績は6.23%
02. 首相、年頭に施政方針を公表
03. 年末最後の閣議で年間総括
04. ベトナム共産党中央委開く
05.ベトナムー中国国境線確定交渉終わる
06.企業所得税率引き下げ
07.雇用状況悪化の兆し
08.2008年に銀行界は順調な成長
09.ホーチミン市は環境税導入か
10.気象変動対策に2兆ドンの予算
11.南バンフォンに新精油所計画
12.昨年度海外送金額は80億ドル
13.不況下でも国内観光客増加
14.カントー空港正式操業開始

★生産・流通・投資
01. 2008年度の輸出は629億ドル
02. 外国直接投資の誘致額は640億ドル
03. ハノイにも証券取引所
04. IMF、深まる不況を予測
05.不況下でもテトの需要は旺盛
06.ドン価格さらに低下か
07.ホテルは軒並み料金引き下げ
08.失業保険法近く発足
09.医薬品ジリ高傾向を見せる
10.ズンクアット精油所生産準備完了
11.バソン造船所が商業センターに
12.年間物価指数上昇率20%切る

★日本関係ニュース
01. 越日経済連携協定調印
02. トゥティェムに日本出資のハイテクパーク
03. 自然災害抑制にODA援助
04.地方の診療所に医療設備援助
05.東芝、ドンナイ省にモーター工場建設
06.キャノン部品工場操業へ

当センター副理事長・上田義朗・流科大教授が語る「元気な国のゲンキな話」
56回 最近のベトナム報道:誤解と偏見を正す

関連記事

ページ上部へ戻る