Uncategorized

2008年10月の経済交流ニュースヘッドライン

▼ 2008年10月の経済交流ニュース

★ベトナム政界の動き
01.8月度閣議で経済現状分析
02. 政府決議で当面の重点政策を公表
03. 中銀、公定歩合維持を表明
04. マクル経済は安定軌道を閣議評価
05.原子プロジェクト評価機関を設置
06.石油製品2度目の値下げ
07.年末までの物価指数見通し
08.自動車課税強化に国会側を慎重さ求める
09.越米投資協定交渉近く開始
10.環境汚染企業に強硬措置
11.ベトナム航空、サービス強化

★生産・流通・投資
01. 外資導入額は新記録達成か
02. 輸出好調、入超縮小に至るか
03. 観光業界は今年度目標不達成か
04. 高級ホテルが軒並み低迷
05.ビジネス環境改善に進展なし
06. サラリーマンの給与急上昇
07.大都市郊外住民に地下水汚染の危険
08.中銀ホーチミン支店ビルが高速道路工事で破損
09.8月の物価指数上昇は1.56%

★日本関係ニュース
01. ホアラック、科学都市へ
02. 越日EPA協定近く調印か
03. ラックフェン港共同開発を申し入れ
04.サイゴン川トンネルに専門コンサルタント
05.ホンダ第2工場稼動に入る
06.トヨタ、来年度は20%の増産めざす

当センター副理事長・上田義朗・流科大教授が語る「元気な国のゲンキな話」
52回 カンボジア証券取引法の概要(3)

関連記事

ページ上部へ戻る