Uncategorized

2007年4月の経済交流ニュースヘッドライン

▼ 2007年4月の経済交流ニュース

★ベトナム政界の動き
01.第11期最後のベトナム国会始まる
02.2月度閣議は国会準備
03.ハノイ都市鉄道に国家予算投入
04.最低賃金の引き上げを検討
05.ガソリン価格を引き上げ
06.ハノイーバンメトート線開設
07.事業所得税に関する政令が公布
08.ハノイ郊外で鳥インフル発生を確認
09.15年間の環境調査を承認
10.ベトナム産エビから新たな化学物検出
11.通信衛星打ち上げでカナダ企業と契約
12.深刻な電力不足、更に悪化の様相
13.証券取引違反を厳罰化
14.ハイファ港湾経済区を着工

★生産・流通・投資
01.今年の外国直接投資、120億ドル超を見込む
02.ズン首相、資本規制導入説を否定
03.証券市場のコントロールを重視
04.2月の自動車販売、前年比59%増加
05.コーヒーの輸出、新記録を達成
06.スーパー、コンビニは急成長
07.日本企業はベトナムを有望視
08.2月の消費者物価指数、2.17%上昇
09.山本経産副大臣、発電所支援を表明
10.ベトナム観光業、飛躍の1年に
11.ホーチミン輸出加工区などで労働者不足
12.ドイツもホーチミン市地下鉄に関心
13.CPIは2ヶ月で3.24%アップ

★日本関係ニュース
01.日越共同で高速鉄道委員会を設置
02.三菱重工、ベトナムに発電セット組立工場
03.ハノイのハイテクパーク、本格開発へ
04.日本電車、ホーチミンに2工場を落成
05.伊藤忠商事、合弁でバイオエタノール生産
06.野村、ベトナム国営投資会社と提携

★当センター副理事長・上田義朗・流科大教授が語る     「元気な国のゲンキな話」
第34回 ベトナム株式市場:「証券民主化運動」の提案(下)

関連記事

ページ上部へ戻る