Uncategorized

2007年12月の経済交流ニュースヘッドライン

▼ 2007年12月の経済交流ニュース

★ベトナム政界の動き
01.第2回ベトナム国会閉幕へ
02.10月度政府定例閣議開く
03.ベトナム中部で水害続く
04.チェット国家主席初の訪日
05.書記長、首相、活発な外交活動
06.来年1月1日から最低賃金引き上げへ
07.カントー橋崩落事故、原因調査の期間延長へ
08.ベトナム・カンボジア・タイ間に観光船を就航
09.ズン首相、南北沿岸高速道路計画の早期完成を指示
10.ベトナム北部で急性下痢症が拡大
11.鉄道・海運グループ、共同で内陸通関基地建設
12.ズン首相、タンソンニャット空港拡張を要請
13.毎月1100人が交通事故で死亡

★生産・流通・投資
01.1~10月期のFDI投資額、112億ドル超
02.「魅力的な投資家」、ベトナムは世界6位
03.ベトナム観光客、11月末に400万人台へ
04.ホーチミン~ニャチャン間に豪華寝台列車が登場
05.投資開発銀に高速道路建設の認可
06.米商務長官、「ベトナムは米国の重要な消費市場」
07.小売市場の売上高、今年は452億ドル
08.ハノイ~ラオカイ高速道路を認可
09.コーヒー輸出量、100万トンを達成
10.ベトナム最大のコンテナ船が進水式
11.世銀、ハノイの都市交通整備に3億ドル融資
12.世銀、ベトナム経済今年も堅調と報告
13.なお衰えない物価上昇傾向

★日本関係ニュース
01.ホーチミン市、地下鉄事業で日本のODA
02.ホーチミン市、大阪府・横浜市と提携関係
03.総領事館、日本研究者の育成を支援
04.JICA、鉄道標準仕様設定に資金援助
05.チェット主席、経団連訪問団と会談
06.日越共同イニジアチブ第2期が終了

★当センター副理事長・上田義朗・流科大教授が語る     「元気な国のゲンキな話」  
第42回 ベトナム優良企業の紹介

関連記事

ページ上部へ戻る