Uncategorized

2006年5月の経済交流ニュースヘッドライン

▼ 2006年5月の経済交流ニュース

★ベトナム政界の動き
01.ベトナム共産党第X回大会開く
02.3月度閣議は経済実績について集中論議
03.汚職に揺れる交通運輸省
04.第9回ベトナム国会は5月16日から
05.外国投資企業再登録についてのセミナー開く
06.ベトナムの人口規模抑制目標
07.国内民間企業の最低賃金は年内に引き上げか
08.議論呼ぶ中古車輸入の課税問題
09.違法スト防止セミナー開く
10.ホーチミン市、違法スト防止に腰上げる
11.中銀、安易な不動産融資に警告
12.空港税値上げの動き
13.観光客保護チーム発足

★生産・流通・投資
01.第Ⅰ四半期の輸出額は85億ドル
02.四半期の外国投資 年間目標の1/3に
03.石油製品の関税カット
04.2010年までに輸出倍増計画
05.ヨーロッパ商工会がダンピング判定に懸念
06.請負業者不足でインフラ建設進まず
07.一般国営企業でも最低賃金アップ
08.カマウ発電所の起動式行なわれる
09.3月の消費者物価指数0.5%下落

★日本関連ニュース
01.760億ドルのODA借款供与
02.ホーチミン市の地下鉄開発を支援
03.アセアン諸国代表とのFTA交渉再開
04.日本大使 PMU18事件に不快な表情
05.日本の投資実施率は投資国中トップ
06.ヤマハのベトナム縦断ツアースタート

★上田義朗・流科大教授が語る    「元気な国のゲンキな話」
第23回 ベトナム株式投資の魅力と留意点(下・続)

関連記事

ページ上部へ戻る