Uncategorized

もったいないフェアー

 

▼ もったいないフェアー

 7月22日に、私の大学の日本学科青年団とJUACH (在ホーチミン市元日本留学生クラブ)は、未開発で貧しい奥地や天災に被災した地方の小学生への奨学金基金を作るために、「もったいないフェアー」を開催しました。

 

 有意義な活動として、このフェアーには日本学科の多くの学生が積極的に参加していました。彼らは書籍や服を寄付するだけでなく、ブースを申し込んで、たくさんのものを売りました。値段はとても安く、5千ドン(約20円)で可愛いものが買えました。そのため、夏休みの時期でありながら、学内は大盛況で混雑しており、先生や他大学の学生たちも訪れていました。多くの人は安価で気に入ったものを買えたので、とても楽しそうでした。

 このフェアーの特徴的なことの一つは日本語の本や折り紙のプレゼントなど日本に関するものが紹介されており、茶道の実演は多くの人の注目を引きつけていました。さらに、絵の競売、飲食スタンドもあり、一層の盛り上がりを見せていました。もったいないフェアーからの収益金の50-100%がJUACHの小学生への奨学基金に寄付されています。

 

<もったいないフェアーの写真>

もったいないフェアーの写真

 

もったいないフェアーの写真

関連記事

ページ上部へ戻る