Uncategorized

2015年10月の経済交流ニュース

▼ 2015年10月の経済交流ニュース

★ベトナム政界の動き
01.国家主席、建国記念日に約1万8、000人を特赦
02.ベトナムを訪問する外国人訪問者数は回復傾向を見せている
03.ロンタイン国際空港案件の投資主体はベトナム空港公社になる
04.年初8ヵ月の歳入額は前年同期比7%増、財政赤宇は115兆ドンを超える
05.年初8ヵ月の海外派遣労働者数は前年同期比8.21%増
06.政府に提案される2016年の最低賃金引き上げ率は平均12.4%となる
07.国家銀行、8月25日までの貸出残高増加率は前年末比で9.54%に達する
08.個人事業主に対する課税最低限の年収を1.5億ドンに引き上げる
09.年初8ヵ月間の海外からホーチミン市への送金額は27.5億ドル
10.農産物の輸出額が大きく減少した要因の一つは中国の人民元切り下げにある
★生産・流通・投資
01.年初7ヶ月のホーチミン市の海外送金受取額は前年同期比12%増
02.8月の全国の消費者物価指数は10年ぶりに前月比で下落となる
03.VASEP、2016年からベトナムのエビ輸出額は再ぴ大きく伸びると予測
04.年初8ヵ月のFDI認可総額は前年同期比30.4%増、FDI実行額は7.6%増
05.年初8ヵ月の貿易収支は36億ドルの赤字となる
06.9月3日15時からA92ガソリンの小売価格を桟当たり1、198ドン値下げ
07.自動車の輸入台数は大幅に増加、バイクの輸入台数は減少
08.ベトナムはフィリピン向けコメの供給入札で落札
09.VFA、砕米混入率25%のコメに対する輸出下限価格を引き上げ
★日本関係ニュース
01.ベトナムの交通インフラ整備にとって日本は最大のODA供与国となる
02.日本企業はベトナムにマグロ加工工場を建設する意向を示す
03.イオンベトナム社は28日、ハノイ市でベトナムにおけるイオン3号店をオープン
04.ホーチミン市はメトロ3a号線と3b号線を建設に、日本のODA資金を提案
05.日本は9月17日よりベトナムのマンゴーの輸入を始める
06.ジェトロ、日系企業のベトナムでの現地調達率は33%にとどまる

 

関連記事

ページ上部へ戻る