Uncategorized

2014年11月の経済交流ニュース

▼ 2014年11月の経済交流ニュース

★ベトナム政界の動き
01.今年の男女出産比率は女100に対し男114に上る見込み
02.ホーチミン市はロンタイン国際空港の建設を支持
03.9月30日時点でベトナムの公的債務残高は前年同期比10.6%増
04.国家銀行金融政策局:現時点で為替レートを調整する予定はない
05.国家銀行:現時点でドン建て貸出金利は年率9~12%
06.年初9ヶ月の電力生産量は前年同期比10.29%増
07.2015年の電力消費量は前年比10%増の見込み
08.財務省、カジノ経営に関する特別消費税率を35%に引き上げるよう提案
09.ペトロべトナム、中部地域の沖でベトナム最大のガス田鉱区を発見
10.ガソリン小売価格、13日12時から更に1リットル当たり670ドン値下げ
11.年初から9月25日までの国債発行額は通年目標の90.6%に達する
12.自由貿易協定はEU市場との協力関係を強化する新しい機会を開く
13.上半期におけるアフリカ市場からの輸入額は前年同期比30%増
14.年初9ヶ月間の全国のコンテナ取扱量は前年同期比18.58%増
15.政府、タバコ・ビール・酒類の特別消費税引き上げを提案
16.ベトナムが世界の「ひとり旅がしやすい国」トップ10にランクインする
17.年初9ヶ月の交通事故死者数は6758人となる
18.ハノイ市、高層ビルのエレベーターが63階から35階に落下
19.ホーチミン市、潮の水位が1.62メートルに上がり、多くの通りが浸水する
20.ホーチミン市空港、税関職員がiPhone6の密輸事件を摘発、240台を押収
21.クアンチ省、大雨の後に重さ500キロの不発弾が見つかる
22.2014年の世界ユース・チェス選手権、ベトナムの男子選手がU12で優勝
★生産・流通・投資
01.年初9ヵ月間のFDI実行額は前年同期比3.2%増の89億ドルに達する
02.9月の全国のCPI上昇率は過去7ヵ月間で最も高くなる
03.年初9ヶ月の外国人訪問者数は前年同期比10.42%増
04.9月25日にホーチミン市の国営百貨店が閉店
05.年初9ヶ月の小売・サービス売上高は前年同期比で11.1%の増加
06.8月末時点で銀行全体の不良債権比率は3.9%
07.年初来の米輸出量は490万トンに達する
08.ベトナム鉄道が冷凍貨物の輸送を開始
09.年初9ヶ月間の自動車輸入台数は4万4000台
10.ホーチミン市の今年の海外送金受取額は50億ドルに達する見込み
11.9月の自動車販売台数は前月比16%増、前年同月比では65%増
12.米国の投資家はベトナム市場に魅力を感じている
13.ロンタイン国際空港の総投資額は180億ドルとなる
★日本関係ニュース
01.日本と韓国に新鮮なココナツの実を輸出する
02.VTVは10月5日から、日本の人気ドラマ12本を連続放送
03.日本ペイント、ベトナム3ヵ所目の工場が操業開始

関連記事

ページ上部へ戻る