Uncategorized

2012年 3月の経済交流ニュースヘッドライン

▼ 2012年 3月の経済交流ニュース

★ベトナム政界の動き
01.閣議は1月決議の追求に焦点
02.首相裁断で土地強制収用を撤回
03.2012年の成長目標など政府指標達成は困難
04.2030年にベトナムの原子力発電容量は1万700MWで全体の10.1%
05.1月の外国人客数は前年同月比24.8%増
06.メコンデルタでH5NI型鳥インフル再発、1人死亡
07.ベトナムの空気の質は調査対象132カ国の中で10番目に悪い
08.ベトナムは世界消費者信頼感指数のトップ10に入る
09.ハノイ~ランソン間の高速道路建設に14億ドルを投資へ
★生産・流通・投資
01.1月の輸出入額は前月比で大幅減少
02.2012年の米輸出総量は650万から700万トン
03.昨年第4四半期のオフィス賃貸料下落
04.ハノイ市は旧正月明けに通勤・通学の時間帯を変更
05.ビナコミン社、今年も引き続き1350万トンの石炭を輸出
06.2011年、越僑送金額の半分以上が不動産に投じられた
07.ぺトロベトナム社、南シナ海での石油採掘を継続
08.銀行と自由市場のドル相場は大幅に下落
09.財政分野と保険分野の平均賃金は最高である
10.1月のCPIは前月比1%上昇
★日本関係ニュース
01.キンド社が日本企業に株式の10%を譲渡
02.信越化学、ベトナムに2工場を建設へ
03.ホンダ・ベトナム社、今年の目標はバイク230万台と自動車4000台
04.日本のブリヂストン社が投資証明書を取得
05.帝国データバンクがVN進出企業を調査

関連記事

ページ上部へ戻る